チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年06月30日

低音環境@入谷なってるハウス

昼間はごろごろ。
ひょんなことで神楽坂でうなぎをご馳走になる。
江戸前のうなぎを食べたことは少ない。

一度蒸したうなぎなんか食うてどないすんじゃい、
脂ぎちょぎちょの食うて鼻血出してやりまくらんとどないすんねん、ワレェ、
的な関西人である僕だが、ほっこり柔らかくてとても美味しいですのよ。
いいじゃん、江戸前。

でもね、接客は好かんなあ、
いくらビーサンで行ったからて、そない邪険にせんでもええやろ。
行くやつちごたらエライ目に会うぞ、コラ、とは思う。
ごちそうさまでした。なってるハウスへ。
ここについて汗をかいていないことはない。
不破さんは昨夜もライブだったそうで楽器は置きっぱ。
久しぶりのリマさん、なんだかお疲れのご様子。
見るとなってる通信なる紙あり、おお頑張ってるじゃん、
それを配りに行くそうだ、新宿方面に。
頑張れリマさん、皆様なってるに愛を!

不破さんがくるまで向かいの図書館へ。
一人気に入った著者が出来ると全部読まんときがすまん、
という借方。通俗小説ばかり読むのだ。

戻ると不破さんカウンターに、
「おお、髪切って顔でかい」しゃあないやん。
それより隣におわすは加藤崇之さんではないか。
久々の再開、嬉しく挨拶。
近くにいたのだが8時には戻らねば、ということ、
とりあえずサウンドチェック、不破さんはこの日マイクで拾ってアンプ使わズ。
加藤さん聞いてると緊張するなあ。
ハウリングに注意してチェック。
終えると加藤さんから拍手。いやあ。

1部最初はいきなりナーディス。
久しぶりにいきなりぶっ飛ばすつもりだな、不破さん。
マイク取りのベースが少し聞こえ辛い、というか自分の音が大きすぎるように感じる。
俺、うるさい、と思ってなんどか音を下げる場面あり。
なんだか久しぶりに音を吹きちぎるなあ、と。
ヒートアップした後には涼しい曲、ユーリピアンズ。
涼しいはずがこれも必ず熱くなる。
びしょびしょ。

2部は股旅、レディースブルース、ナーダム。
この旅で毎日吹いて少しはスタミナついた面もあるのか、
辛いフレーズを繰り返すことの出来る回数が増えたような気が。
しかし口唇真っ赤。
不破さんも指が痛いって。
限界ぎりぎりくらいでちょうど。

終わりかけに帰国したての青健がきてた。
終わった後に欧州ツアマネ参上、パスポートや
旅の打ち合わせを。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。