チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年07月21日

渋さ出発21日〜22日成田〜バンコク〜フランクフルト〜キール

いよいよ渋さ知らズ第三弾ツアー出発の日。
今回は初めて午後の出発。
朝から何かと連絡仕事や仕入れに奔走。
先日いつの間にかピアスの裏ネジを一個落としたのでゲットとか。
京成上野駅より特急で。

今回は出発も何段階かに分かれていて今日出発と明日出発の組あり。
先発隊は不破阿部田べにどん青健浅利しも渡部さやかぺろ東洋大塚田中倉持高岡14名。
使うのはタイ航空。
両替など雑事、ユーロ上がってるなあ。
2時半集合出発も順調。

まずはバンコクまでのフライト。
タイエアということで楽しみにしていた食事はなんとなくタイ風。
白身魚のスイートチリ。
他にもアイスくれたりおかきくれたり面倒見が良い。

7時間くらいだったろうか、バンコク空港に到着。
2時間ちょいの空き時間、場内ふらふらするもどうも
期待していたような盛り上がりに欠ける。
結局何もせずにトランジット。
あ、そうだ、遅れた人探しした。

ここから13時間くらいか、フランクフルトへ。
通路から一つ奥の席、通路側にはドイツ人ぽいおじいさん。
トイレに行きにくい。

タイ時間で0時前の出発。
空腹を満たすのはチキンカレー、ナイス。
チョコチョコ寝て本読んでCD聞いて、あっという間に
ドイツ。
バゲージチェック、チューバも無事みたい。
なんだかこの移動、緊迫感なし。旅慣れすぎ。

現地時間は朝6時台。
白いベンツのバスに少人数なので悠々乗り込み
現地アテンド堀江さん導きで一路ドイツ北部の町キールへ。

途中昼食はSAでバ−ガーキング。
久々しかも巨大なバーガーで胃が若干へばる。

ホテルはこじんまりといい感じ。
現地集合のまゆみとちえとも再会。
部屋は松本さんと同室に。
快適なツイン。

ネットは高い使用料を払わないと出来ないようで断念。
これから先は長いので節約しなくては。

夕食の7時までごろごろ。
1階レストランで夕食。
白身魚のベニエのようなものと野菜の付け合せ、
バタードポテトなど。
キールはデンマークが近い川沿いの港町で魚料理で知られているそう。
ドイツで魚はこういう土地でしか気軽に食べられない。
美味しく頂く。
珍しくジュースと水だけ。

パンも珈琲もないのが意外だったけど満足、
程なくして階上へ上がり部屋で読書していたら
いつの間にか就寝。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5545712
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。