チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年07月31日

ペーターと再会、スイス、insに移動

バス運転:ペーター、ウォルフガング

一度起きると松本さんが出発の準備をしている。
見送りまではまだ時間があるので二度寝。

何か聞き覚えのある声で目が覚める。
9時前だ、松本さん出発時間なんだがタッチの差で出てしまった模様、しまった。
声のするほうに移動。

チェコオブジェ チェコガススタにて 伸びる影 ROVO風 ドイツへ出発 第2弾旅でずっとバス運転やってくれてたペーターが朝食中だ。
声の主は勿論彼、でっかい。
おお、と再開を喜ぶ。
数人も続々登場。
今日の朝食は量で勝負の2番、ハム&チーズ。
ポーランドの固いパンでサンドイッチ。

午前中は部屋でパッキング。
昼12時にホテル前集合でなじみのSEFNUSのバスに積み込み。
族物持ったペーターが途中で思い切り前にずっこける。
ああ、と心配したらお得意の爆笑でうわっはっはっはっは、と、豪快。

現地お世話組もやってきて、ここで解散の内橋一家と北夫婦と
一時のお別れ。
かのんちゃんと舞踏しも君のロマンスも生まれたここ、
名残惜しかろう、と思ったらそうでもなかった。
多分すぐ会えると思っているのだろうな、かのん。

さよならしてバスは不破さんと安部田さんを拾い、
まず近所のスーパーへ。
これから約18時間車中泊つきのバス移動、
つく先は物価激高のスイスとあって必要なものは
物価激安のポーランドで買っておこうと。
その前にペーターから注意の一言、
途中ドイツの検問ではアルコール・煙草の持ち込みチェックが厳しく、
税金がっ造り取られる場合も、と。
最高で3時間かかったこともあるとか。
制限量言い渡され一同がっくり。

着いたスーパーで30分の買い物。
さあ、昨日稼いだズローチの使いどころ。
気があせる。
旅で足らなかったものもここで買おうと気合。
しかしやはり気になるのは食料品。
これの確保が出来ないといつも不安。
でっかいパンやハム、チーズ、ターキーペーストや、
好物マッシュルームも箱買い。
自宅して一番高いバージンオリーブとか、まだまだいっぱい。
ちょっと孫えて酒は買わず。たまには控えるのだ。

少し買いすぎたかなあ、と不安になったのだがレジに並んでみれば
なんだこんだけ買い込んで50ズローチちょっとかあ。
でっかい袋2つ満杯でこれ、2000円いってない?
小銭中心で消化する。

安部田さん主導で大量の渋さ食材も買い込んでいる。
これから2週間の滞在の自炊食料だ。

少し遅れて出発、
すぐにチェコの国境、パスポートのチェックだけでなんなく通過。
車内は食事や睡眠や飲酒のお座敷列車。

何度か休憩。
チェコだけど売店ではユーロも使える。
草原や田園風景の広がる気持ちのよい場所、
思わずビール。安いオリジナルバドワイザー。

ポーランドで買ったパン、包装ビニールにではなくなぜか
パンに直接シールが張ってる???
硬い皮ごとはがして食べる。
生ハムとチーズ、うまい。

夜だったろうか、噂のドイツ国境、どうなることやら、
と思っていたら、なんとパスポートチェックすらもなく
なんなく国境越え。
ペーター、グレート。

10時頃か、ニュールンベルクでペーター交代の時間がきた、
短い再開嬉しく、一瞬での別れは少し寂しい。
彼とは仕事付き合いというより仲間という感じが強い。
また会うこと必ずあるだろう。
しばしさよなら爆笑ペーター。

代わりに入ってきたのは精悍な青年ウォルフガング。
よろしくどうぞ。

ここからはほとんど休みなしの感じでスイス入り、
続きは朝なのでまた。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。