チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年09月05日

山梨から帰り〜渋さ知らズ@マンダラセカンド

朝起きるともういい匂いがする。
8時台か、あまり寝ていないし寝る直前まで飲みまくっていたが体調良い。
昨夜はあまり人は泊まらなかった様だ。
犬呼ばわりされるくらいごろごろして(畳は気持ちよい)から起きてすぐにご飯にする。
玄米おにぎりとオクラと茄子の味噌汁、漬物。
忘れちゃいけない畑山農場自家製お味噌は格別にうまく(少し若くて塩が強いところまで)
味噌汁もそのままご飯につけても最高。
雨上がりの晴天の外を眺めながらの朝食は最高だ。
止まらない〜。
ミュージシャンチームはまだまだ寝ている。そういう人種なのだ。
それぞれゆっくり起きてきて全員が朝食を終え片付けがすみお土産を頂き、出発したのは昼過ぎだ。
またの機会を持つことを硬く約束しあって、青木さん畑山さん平山さんとお別れ。
名残惜しい。またやるぞ。途中、青木さんの薦めの温泉へ。
本物の源泉かけ流し、溜め湯なし加温なし薄めなし。
色々と能書きあるもぬる目の(41度ばっちり)透明のお湯は気持ちよい。いくらでもつかれる。
飲湯もできる。結局僕が一番の長湯だった。
そのあと急ぎ中央道へ。長い渋滞にいらいら。SAのご飯のまずさにいらいら。
高井戸駅で皆と別れ、僕と辰巳さんは吉祥寺マンダラセカンドで渋さ知らズのライブだ。
不破大輔(b)片山広明(ts)立花秀輝(as)川口義之(as,harm)辰巳光英(tp)室舘彩(fl,vo)瀬戸信行(cl)高岡大祐(tuba)中島さち子(key)関根真理(per)岡村太・倉持整(ds)
入ると不破さんは大渋滞に巻き込まれ遅刻。
配置を考えるようなメッセージ。電話で打ち合わせる。
この日の昼は大阪からフレイレフジャンボリーがレコ発で来ていて同場所でライブしていた。
リーダー瀬戸信行(cl)さんは西渋も参加したことありで居残りで渋さに参加。
なんてこともあり不破さんが思っていたより何人も多い渋さ。
途中道で偶然あった鉄割奥村君も参加することに。
「ゆで卵博士」「大麻解禁」をそれぞれ1部の最後1部の最初に一人でやる。
ゆで卵博士と私  片山さんの肩越しに  あやちゃん
今回は配置が大幅に変更、片山さんが隣の並びはこの編成では珍しい。
コミュニケーションが増える。
しかしマン2の音は僕は少し苦手だ。吹きにくい。
でもなんとか。
ライブ自体は良かったと思う。アンコールまできたもの。
しかし盛り上がりとは別に眠気が変なところから襲ってきて困った。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。