チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年08月10日

渋さ知らズライブ@ins シュレースリ

渋さ知らズ:不破大輔ダンドリスト,b 辰巳光英tp 北陽一郎tp
川口義之as,hm 立花秀輝as 小森慶子as,ss 佐藤帆ts ウォルティ pan-fl 
鬼頭哲bs 高岡大祐blowbass 大塚寛之g 中島さち子key
倉持整ds 岡村太ds 関根真理per 渡部真一act
さやか、ペロdance
東洋、ふる、しも、ちえ、まゆみ 舞踏
べにどん、青健VJ,paint 阿部田保彦stage,paint 田中篤史sound
浅利芙美manege


起床、またも昼前。
裏庭、と今まで書いていたがどうも勝手が違う、広場へ顔をだす。
巨大な丸太のようなものを宿の入り口付近に止めたトラックから
やぐらのあるあたりに運んでいるので手伝う。
切れ目の入った丸太、かなり重い。
これは通称スイスキャンドルというもので、立てて燃焼材を芯にして
ロウソクのように燃やすらしい。

赤い昼食 昼タンゴ中 走る子供たち 準備よ 謎のバイク団 ロバと歩こう P1030039.JPG P1030043.JPG P1030044.JPG P1030045.JPG P1030057.JPG P1030058.JPG P1030060.JPG P1030067.JPG しも火 P1030070.JPG P1030071.JPG P1030072.JPG スイスキャンドル スイキャンとふる
済んだらいつもの場所で集まって昼食。
今度はチリビーンズ、結構辛め。
ここでの食事だが、実はメンバー中一人毎回不得意なものが
出てへこたれ気味な人の姿が。
カレーのようなもの、芋、豆が続いて。
ひっくり返っている。
目から葉鬼 目からチェリー鬼 倒れ鬼

昼食後、14時から会場で全体ミーティング。
PA機器も続々搬入されている。
今日も僕はベース担当だがblowbassセットは使わない、
マイクは私物持込でそのままミキサーへ。
サウンドチェックは17時から。

チェック前から広場でウォームアップ。
先ほど駆けつけたtp北さんと再会。
この旅、別離の再開の繰り返しである。

左手に倉持右手にオカチ両氏ドラム。
真ん中の僕の目の前にはどどーんとモニター。
ベースアンプがないのでこれは助かる。

ホーン隊の2個のモニターと同系列なので、
帰ってくる音も同じ、僕にはちょっとホーンでかすぎ。
少し距離をとる。

チェック後合間を見てCOOPへ。
途中にバイカーが凄い数集まっているのを見てパチリ。
このあたりはスイスでは目地らしい平地続きということで
ツーリングコースとのこと。

夕食は食堂に持ってきてもらった。
パンとチーズとサラダ。

戻って20時20分より練り歩き開始。
近所のルカ君が引き連れるロバに先導されてバルタザール。
この曲名は元々ルナパークミラージュ出演のロバの名前。
ロバは親子じゃないと寂しがって出てこないとか、
親ロバの背には渡部君。

場所に着いたとたんに、ロバは早々に退散。
我らはそのまま客席など練り歩き、僕はセット。
十分ひきつけてからマイク使用。

田中さんに教えてもらった策でホーンの音軽減したモニターは結構調子よい。
これならなんとか循環呼吸でのラインもつなげそう。
ダンサー陣は半円になったダンスステージ状態の部分をフルに使って踊る。
舞踏陣は僕の背後のやぐら、スロープ、カウンターなどを舞台に大活躍。

途中でそこかしこのスイスキャンドルに火がつく。
割れ目に沿って火が染み込むようで綺麗。
ただし、物凄い煙なのだ。
後になって風向きでこちらに直撃。
循環副流煙になり、危険なくらい辛い。
くしゃみを堪えるのが大変。
後半はうまく呼吸を整えられなかった。

左背後には大きなスクリーン、投影されてはためく。
真理ちゃん歌唱のひこうきの時は最高。

お客さんは折りたたみベンチに鎮座している人たちと、その後ろに立っている人たち、
村人とセミナー参加者の皆様か、大人しい目。
ナーダムでダンサーたちが煽って半円ダンス場所に引き込むとどんどんやってきて
一時目の前はダンスホールに。

犬姫で一度落ち着いてから、最後に本多工務店のテーマ。
ここで舞踏家たちもいな火を手に口に舞う。
スイスキャンドルも凄い勢いで燃え盛っている。
大団円。

仙頭、ステキチではけるもアンコールあり、
カーテンコールでありがとう。

僕は煙でやられてふらふら。
かなりつらい、ごほごほ、鼻水ずるずる。
これには参った。

楽器仕舞後は、また会場に戻りお客が全員はけたところで
またしても焚き火部。
不破さんと安部田さんの持込食材でBBQ。
豪勢な肉肉肉。
スイスキャンドルが消灯されると後は熾き火と夜空の満天の星。

あれもこれも焼いて話も燃えて夜は更ける。
最後に焚き火部主将渡部君が炭の後始末をして宿に帰る。
宿ではまだ宴会の残り火。
少しだけ参加して酔い心地も心地よく就寝。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。