チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年08月11日

ins最後の日

昼前に起床。
今日はinsで過ごす最後の日だ。

昼食はセミナー中なのでいつものところへ。
キビのような穀物にチーズがたっぷり絡まっているポレンタのようなものと、
牛肉のトマト煮込み、サラダ。がっつり濃厚。
最後の食事 脱皮カタツムリ 火吹き女

昼食後は軽く昼寝。
明日からの移動食料を買うためにCOOPへ。
目をつけていた白黴サラミにお徳用を、触ると少しまだ柔らかいが買い。
他にパンやチーズ、赤ワイン。これだけあれば持つだけ。

夕食はセミナー食、パンがオリーブ入りになっている、
トマトモッツァレラ、ハムなど。
隣にいるスイス人女性に日本について質問される。
サムライとは昔の職業で今はもういない、
というこちらに来て何回応えたかわからない回答に唖然とされる。
ではサムライはマーシャルアーツをしないのか?と、勿論しないと。
結構インテリぽい人でも日本についての知識はこんなものだ。
日本語の漢字には一つ一つ意味があることを説明。
bsの彼はdevil headだ、というと、日本での彼の生活は大丈夫か?と。
勿論大変だ、と答える。

宿に戻りちょっとしたら全体掃除。
僕の担当は住居4階のキッチン部分。
洗物にに拭き掃除など。

パッキングも詰めて行う。
終えて広場に顔を出すと、女の子多数と東洋としもがいる。
女の子たち、昨日のライブに触発されて火吹きがしたいみたい、
作りのでかいたいまつを手に揮発性の物を口に含んで、
適当に火を吹いている。

渋さで以前何度か火が顔に逆流しているのを見ている僕は
少しハラハラ。逆流しかけた子もいる。
東洋が簡単に指導。それを聞いて思わずやりたくなる。
tkok、初の火吹き挑戦。
1回目はあんまりうまく出ないが、2回目には出鱈目にでかい火が出た。
口の中はいかにも揮発性のもので気持ち悪い。
何度拭いても口の中に残るので何度も吹く。

芸が一度増えた、チューバ吹きながら火吹けるようになれたら最高なんだが。

宿に戻りごそごそ。
後で焚き火場に戻ると女の子たちと東洋たちが火を囲んでいい感じ。
焚き火部さらに男女交際部に発展中の模様。
邪魔しないように宿に帰る。

買っておいたトマト缶とサラミ、チーズを煮込んで酒のアテを作ったり、
それを何人かで分けて、残り物のワインなんかをやっつけて。
時間は少ないのを承知で3時過ぎに就寝。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。