チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年08月20日

ウクライナ列車移動

昨夜が異常な早寝だったので(多分10時前)誰よりも早く起床。
今日はここを発つ日だ。
どうせなら、と朝飯ディスコに向かう。

前回の激甘ミルクパスタが来ないことを願っているとこれだ。
しかし中身はスパゲッティではなくて米だった。
所謂ロシアのミルク粥(カーチャだっけ?)、まだ少し食える。
好き嫌い言ってごめんなさい。
多めに貰ったパンをお持ち帰り。

またしても甘い ウクライナアニメ シド&ナンシー このバスでまず バイバイ渡部君 コクトベル 駅到着 荷物集合 なんじゃこりゃ 車内階上

今日は昨日よりましだが少し曇り勝ち。
カンカン照りなら泳ごうと思っていたけど泳ぐのはやめておいた。
黒海、そんなに綺麗ではないのだ。
両替レートは毎日下がっていってる不思議。

宿に戻りパッキング。結構楽。
宿近くの市場へ買い出し覗き、特に買い足すものはなし、
しかし楽しい。
足を伸ばして盛り市場へ。
食材も豊富。荒物屋で蓋つきステンレスのコップと予備の電熱棒購入。
合わせて200円ちょっと位か。
昼飯は倹約して持ち帰りパンにオリーブオイルで簡素に。

昼の出発は宿前3時半。
まずは荷物を機材車に積み込んで車道のバスまで運ぶことに。
行くのは徒歩。
混雑の車道沿いでバスに積み込み、バスは来た時と同じ僕的にアラブ風。
モスクワのスタッフや何人かの同乗者も乗せてsimferpol駅へ。
行く道沿いはざっくりとした荒野のような場所とブドウ畑。
ここでもうつらうつら。

気がつけば1時間半くらいか、simferpol駅に到着。
駅周辺は雑然として活気がある。マクドもある。
列車関係をチェックしている間は待機。

カートで荷物を運ぶのは単価制らしくお安くないので出来るだけ
ホームの近くに手持ちで移動。
なかなか時間もホームナンバーも表示されない。
荷物を固めて買い出しタイム。

すぐ近くに市場のようなところがあるのでそこで物色。
酒はいいや、と足りない食料を探す。
西欧と違いチーズとハムがそんなにお安くないので悩む。
サラミとチーズの盛り合わせと、コクトベルの市場で見かけて買うの悩んでいた
黒い何だか分からない缶詰、ガスなしの水などを購入。

戻って荷物番していたら夕立のような雨がきたので荷物退避。
もう、辰巳さんたら。勘弁して。

20時発予定で列車は前の列車遅れで20分続いて遅れることに。
ロシア圏の列車はなかなか分かりにくい。
またしても大荷物で大移動。

指定された列車に乗り込む。
久しぶりの班ごとの部屋割り。
6班、帆東洋しも高岡。班長は僕。
4月の第1弾旅以来だ。
全く同じ配置へ。
6班は荷物が多く大きいので一苦労。
4つの寝台が2列。
これから30時間、車中2泊の旅だ。
とりあえず落ち着いたらごろり。

不破さんと本をトレードして読書に専念。
待望のミュージックマガジン。音楽的知識の充足に専念。
特集はラモーンズだ。渋さの記事も少し。
隅から隅まで熟読。

たまに他の部屋覗いたり、パンとハムを齧ったり。
遠くの部屋から宴会の歓声。
久しぶりのCDウォークマンを引っ張り出して聞きながら早めの就寝。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6234329
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。