チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年09月08日

渋さ知らズ・ツアーラストライブ@Wuppertal・REX THEATER

渋さ知らズ:不破大輔ダンドリスト,b 川口義之as,harm
辰巳光英tp 北陽一郎tp 立花秀輝as 佐藤帆ts 
アレッサンドロts 鬼頭哲bs 高岡大祐blowbass 大塚寛之g 斎藤良一g
中島さち子key 倉持整ds 渡部真一act 
関根真理per ペロdance
東洋、ふる、しも、ちえ、まゆみ たかこ 舞踏
べにどん、青健VJ,paint 田中篤史sound
浅利芙美manege


ついにこの旅最後のライブの日。
車の都合で幾つかの半に分かれて昼前から移動開始。
僕は1便だか2便だかなかなか分からず。
と思っていたら、なんでもドラムが壊れていたそうで、
さらにそれを直しに行ったフィリップの車がぶつけられて
壊れてしまって、修理しないと動かない状態らしい、
ということが分かったのが移動直前。

この『05年渋さ知らズ欧州版人生ゲーム』の盤は
本当にクレイジーな作りをしているとしか言いようがない。

いざ舞踏 おひさしフィリップカー 劇場の絵 舞台の上は 夕食開始 素顔の東洋 はじまるぞ! ファイナル立花 P1030904.JPG 素晴らしい隊長 P1030908.JPG P1030909.JPG P1030910.JPG P1030912.JPG P1030913.JPG P1030915.JPG P1030916.JPG P1030917.JPG P1030921.JPG P1030923.JPG P1030924.JPG P1030925.JPG P1030926.JPG P1030927.JPG P1030928.JPG ラスト紹介1 ラスト紹介2 宴の後の夢 さらばステージ もて社長 アレックスと宴会
車を待機、来たら即乗り込む手筈。
ばったばった。

会場はブッパタール、何度も訪れている町、
今日は初めてのREXシアターという、劇場。
1時間ばかりの車の旅。
ついたら即運び込み。
中は本当に劇場らしい、こじんまりしたよい作り。
最後に相応しい。

内装は綺麗にしてあるがなかなか古そうだ。
楽屋は舞台裏の細い通路の奥、換気悪い目。

機材も何もまだないので一からつくり。
少しだけ田中さんのPA仕込みののケーブル手元手伝う。
今日の僕のベーアンはPEAVYの300W。古そうだ。
パワーあり、音の具合は心地よい。
そんなに低域カットしなくても締まった音がする。

ステージ上はヘテロダインというか、音の反響同士が
思いっきり干渉しあうのが耳で聞き取れる。
それが客席には全く聞こえない不思議な構造。
ちょっと中音が心配。

安部田さんがおらないのでべにどんが急遽舞台監督的仕事、
一からなのでやはり大変だった仕込後、
サウンドチェック。
実は車がピストン輸送だったので最後のメンバーが着いたのは
直前の7時前、僕らは夕食を先に食べていたくらいだ。
ロシア料理風のイタリア料理的な前菜が山盛り。

チェック後にはすぐ向かいの安売りスーパーで食材を物色。
腹減らせるステージ後の舞踏家に夜食の準備を、
せっかくの路上の上がりをつぎこもうと。

本番は15分押しの20時15分開始。練り歩きはなし。
客席を見ると、顔覚え能力の薄い僕でもさすがに覚えてる面々が。
ミクシィで連絡くれた日本のお兄さんの顔も。
1階席、少しあまり気味の様子だが、全体的に前に詰まっていて悪くはない。

北さんのソロの『戦士』から。
なにかしら緊張感と昂揚感が徐々に漂ってくる。
この予感は的中し、展開する。
詳しく書くことは出来ない、ともかくこの旅中で一番良いステージだったと感じた夜。
皆の個性的な一面がフルに生かせたように感じたし、
踊り手も描き手も演奏家もそれぞれに独立し交じり合えた感じか。
特筆するならば川口隊長アルトソロ、素晴らしかった。

手ごたえ多く大拍手の終了。
カーテンコールで不破さんから全員の紹介。
「エレクトリックチューバ・ベース、高岡大祐」
この仕事をやれてよかったと思った。
ステージに乗ってないメンバーも勿論紹介。

終わった後はみんなで乾杯しながら握手と抱擁。
もう汗やら白塗りやらなにやらでぐちゃぐちゃだが、そんなこと気になるもんかい。
みんな本当にお疲れ様。

片付けたら今度は来た順と逆に慌しくも帰宅搬送。
一番最初に着た僕らは一番後帰り組だった。

車の中はさすがにうつらうつら。
アレックス宅に着いたら、家主と一緒に盛り上がり。
僕は朝4時まで酒のあてを作り続ける。
こういう時に食い続けてくれるのは勿論舞踏家中心。
アレックスもライブで喜んでくれていて、渋さ鉢巻締めておおはしゃぎ。

みんなありがとう。
おやすみなさい。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6869848
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。