チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年09月13日

Groovisation@茶箱

Groovisation@茶箱
瀬尾亮/Seonious(humannoisebox,saxx,etc.)
高岡大祐(tuba,etc.)
つの犬(drums,etc.) DJ TA2RO(turntable)


作業ばかりしていて睡眠時間はなきの如し。
10時にチェックアウト。

帰国第1弾ライブは今日、茶箱で瀬尾さんとだ。
一度娘の顔でも見に来てくださいよ、ということで
甘えて昼から御宅訪問。

瀬尾憩ちゃん 幼児音楽教育 この日のseonious
そしたら愛娘・憩ちゃんはなんと風邪。
こりゃ、お邪魔、だが日記でも入魂を見ていた
瀬尾お好み焼きを頂く。山芋たっぷりで生地しっかり。
どろソースってこんな味だっけ?刺激的、おいしい。

夕方に一緒に出かけて早稲田へ。
DJタツロー君も久しぶりだ。
つの犬さんもそろい、ってところで、あれ、って話。
HPにはラッパーの名前が二人載っていたのだが、
これは瀬尾さん呼んでいないとのこと。
来なかったけど、大あせりの瀬尾さん。
無事で何より。

僕の今日のセットは渋さ渡欧時のblowbassセット。
エフェクタ−は使わず。
この旅でずっと使っていたこのセットで何が出来るようになっているか
自分でも分からないから知りたいのだ。
瀬尾さんはマイクをサックスと口元に2本。
タツロー君はターンテーブルにカオスパッド2、つの犬さんはいつものセット。

この4人はOrganic KonfusionというHIPHOPと即興のセッションの常連メンバー。
気心は知れつつも、安定感が出てきていた以前。
今回はどうなるか。

瀬尾さんはひとつひとつのテクニックがより明確なサウンドになっている、
口技の進化著しい。
ネックレスサックスのコントロールに目覚しいものあり。
つの犬さんは微細な変化ばっちり。
タツロー君は以前は少し周囲の変化を待つようなところがあったけど、
この日は上モノに留まることなく、果敢に色付けしていた。
僕はといえば、さすがにここのところ毎回違うベーアンを使っていただけあって、
アンプの使い方が上達したんじゃないかと思う。
チューバ吹きにあるまじき、は健在。
何より久しぶりの即興演奏、楽しくないはずがない。

終演後はつの犬さんに1杯ご馳走になり、解散。
友人夫妻に帰国を祝って貰い、つい遅くまで。
平日だというのに、ごめんね。
ありがとう。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。