チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年10月01日

渋さ知らズ@新宿ピットイン

渋さ知らズ
片山広明/小森慶子/立花秀樹/鬼頭哲/北陽一郎/辰巳光英/高岡大祐/勝井祐二/芳垣安洋/大塚寛之/須賀大郎/磯辺潤/さやか/ペロ/不破大輔中島さちこ/川口義之/室館彩/関根真理 
ついにこの日が来た。
というのも、以前から不破さんに「10月1日はベースいないから君がチューバでベースをお願い」と
言われていて、ピットインの渋さ、これは大変だと覚悟していた。
blowbass  川口隊長  シーン1
旅の疲れも若干残るこの身でどこまで出来るか自分でもわからず、午後まで何とかのんびり体を休めて挑む。
お店の大きなベーアンとヘッドを借りて、いつもは不破さんかヒゴさんの立ち居地に陣取る。
セッティングはGYROと同じ、AKGのダイナミックピックアップマイクと真空管マイクプリからヘッドへ。
ヘッドとアンプは生前のバタさんが使っていたものとか。
いつもと規模が違うためセッティングに少し手間取る。上のDの音だけがやたら響くことに。
これはいかんともしがたい。
今日は新メンバーが3人も参加。須賀大朗p磯部淳ds高橋ヤスtb。
ドラマーは芳垣さんと初参加の磯部さん、二人とも強烈な音量を誇るのでなかなかえらいこっちゃ。
思っているより僕の出音が大きいといわれる。
(後できくとライブ中はみんな相当でかい音でやっていたために結局そうでもなかったらしい)
サウンドチェック時にはまだ体が出来ていなくてうまく循環呼吸とリズムが合わない。
循環呼吸とリズミックなアプローチのタイミングは、徐々にあってくるものなのだ。
少し不安残るもチェック終了。
休憩に2丁目で熱い視線を浴びながらぷらぷら歩き。
本番開始。やっぱりみんなの音量、全然上がっているじゃん。いや〜ん、うそ〜。
徐々に呼吸とリズムが噛み合ってくる。ここからだ。
アンプで増幅するのは音量の問題も勿論あるのだが、細かいニュアンスを増幅することで、
ベース的な表現能力が飛躍的にアップするということなのだ。
無限サスティンも作れるし、どんな早弾きにも引けを取らないタンギングによるアタックや、
吸奏で逆回転のようなことも聞かせれる。
GYROでは御馴染みのこのスタイルも渋さのみんなには初。
多分ベースをサポートするようなことをみんながしてくれることになるのだろうけど、
できれば普通に任せてもらいたいという気持ちもあり。
いつもと違う変則的な編成などもあって不破さんの指揮はインプロ的状況を招くように采配。
結果、須賀さんはpの弦を切りまくりピットインのスタッフを嘆かせ、皆も熱演。
磯部さんはパキパキに高音の聞いたプレイ、芳垣さんはとことん拍子をポリリズミックするようなプレイで
僕は腹に機械を飼っているがごとくタイトなプレイを心がける。
こういう難しい状況では意外と足でリズムを刻んだりしないで出来るものだ。
展開は、所々に小編成に切り替わるような場面があってここで僕は(文字通り)一呼吸つける。
僕は基本的にはほとんどのベースラインの演奏を循環呼吸でやることになる。
真ん中のDADADAがトイレ休憩がわりな小編成的展開で、そこ以外では休みなしの1ステージ3時間ぶっ続け。
終わってみれば肉体的疲労以上に充実感アリ。
自分を褒めまくる、たまにはいいでしょう。
他に絶対代替の利かないことをやったと思う。
覚悟の必要な大仕事だったが、挑戦するやりがいのあるライブだった。
編成の妙だけでなく、渋さ知らズのライブとしてもとても刺激的なものだったと思う。
やっぱり先がどうなるか分からないような時のほうが良いなあ。
終演後ご機嫌で飲んでいてメンバー各位に労を労われたが、その中でも
「俺はベーシストを見ながらいつもプレイするが今日はお前を見つめながらやっていて
途中で『これでいいのか、俺?』ってなったよ。頬っぺたのふくらみでリズムとるんだからな
しかし一緒にグルーブできて楽しかったよ」
という芳垣さんのコメントが一番嬉しく面白かった。

演奏中に思いついたのだが、このチューバでアンプリファイドしてベースをやるこのスタイルを
BLOWBASSと名づけること思いついた。
息吹でコントロールするベース。
これで仕事来ないかなあ、募集中です。

ピットインで飲酒後はその勢いで阿佐ヶ谷で辰巳さん川口さんと朝まで。
今回のよしのさんの入魂の一作、カウンターに残されていました↓
本日の作品
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/756221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。