チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年10月02日

単音系@ムリウイ

ボンバードラミ(vo)辰巳光英(tp)高岡(tuba)
起きるときっちり昨夜の疲れが唇に出ている。
hotlipである。
なんとか身を起こしムリウイに向かう。
ボンバーと辰巳さんはもう打ち合わせていた。申し訳ない。
少し既成曲を口頭でアレンジして、準備完了。
本番直前、全然お客の来る雰囲気がせず待つもぽちぽちのぽちくらい。
うむむ、でもやろうと。
夜の雰囲気がしっとりとオープンの店内に忍び込んでくるようなライブ。
そのせいか今宵のボンバーはいつもよりさらに声量を絞っていて、
辰巳さんはおろか僕も相当苦労しながらギリギリまで音量を絞る。
昨日の唇疲労がこたえる。
しかし僕の大好きなお店でのライブ、悪くなるはずもなく。
ある曲ではじめて挑戦の「吹き語り」チューバを吹きながら歌詞を歌うのである。
音と声が変調し合ってとても面白い。
最後の曲でボンバーがここまで堪えていたかのように、一瞬とてつもない声量で歌い、
会場全体が揺れるように響いたクライマックス。
やはりダイナミクスレンジの広いサウンドは素晴らしい。
気がつけばお店の半分くらいあるテラスにまでたくさんのお客さん。
とてもうれしく終了。
お店のたけしさんとお母さんと話したり見に来ていた犬と遊んだり。
この日はよしのさんは作品を3つ。
本日の三頭
この後は移転しているのを知らずに無くなっていたと思い込んでいた、
数年前まで通っていた居酒屋で飲んで食って。
本日のたつみっち
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/759226
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。