チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年10月03日

アカプルキョ@高田馬場プレイス

アカプルキョ:辰巳光英(MC,tp)高岡(MC,tuba)熊谷太輔(絵本,per)
今日は月に一度のアカプルキョ
またしても雨だなあ、辰巳さんの雨男は本物みたい。
昼間には松本健一さんがラジオのDJやり始めたとかでその収録に松本邸へ。
DJ耳栓  熊谷セット  プレイス
東村山か何処かのコミュニティーFM。「知られざる名曲」みたいな題名の番組で
松健さんは「DJ耳栓」というらしい???
凄くひさしぶりにお宅来訪、またしても玄関で犬に吠えられてスタジオへ。
いまは収録は自宅でやってしまってCD-Rで送る時代らしい。僕がラジオの仕事してた頃とはもうずいぶんと違うなあ。
しかし何を喋って良いか分からない。
前回は藤原大輔さんとかわいしのぶさんの3人で対談。
それを聞きながら喋ったり。
今月25日にDIVER(松本健一sax田村夏樹tp高岡tubaの管楽器微音ノイズトリオ)で
前座を務めるイギリスより来日のジョンブッチャーのCDを聞かせてもらう。
これは凄い、幾つかのテクニックを完璧なコントロールで
同時に使って摩訶不思議なサウンド。
幾つかの曲は生なのにもはやエレクトロニクスのようだ。単純にこういうのは好きだ。
ライブがとても楽しくなる。他に吸奏などして二人DIVERなど録音。
高田馬場に向かう、早めのプレイスはまだ空いてなかった。
またしてもPC作業の嵐。あう。
今回熊谷君は新兵器座りキックを自作してきた。
小さなドラムをキックで踏めるようにするもの。
半分胡座で変な姿勢で叩く、軽い音がワシら向き。
さすがにこの雨続き、いつも好調の客入りはストップか、
と思いきややっているうちにお客さん増加。
うかつに入りあぐねていると訳の分からない楽器を持った熊谷君に
強引に入れられてしまうのだ。
なんちゅうバンドや。
終始大阪弁でMCする関西人二人と変な楽器でちゃかぽこするお笑いトリオ。
今回の投げ銭のせびり方は「アカプル教」を設立するため。
まずはTシャツを作ろう、とみんなしこたま投げ入れる。
何も気負ってやってないから何でも飛び出る。今回は水戸黄門。
おかしいなあ、このトリオ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/765881
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。