チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年10月17日

アカプルキョ@高円寺稲生座

アカプルキョ:辰巳光英tp 高岡大祐tuba 熊谷太輔ds
対バン:柴田奈緒(vo,g)


三日続けて雨かいな。
さすがの辰巳さん本領発揮の雨男。
今日の高円寺稲生座、初出演。
有名な老舗である。

その前に先日のあきる野でブッこけて半壊したチューバを修理に。
東京ではもはやなじみのクロサワ楽器、小畠さん。
毎回すみません。
相変わらず素晴らしい腕前!いよ!
ありがとうございます、本当に。

おかげで気分よく向かえるというもの。
今日は1週間前に決まった別バンドの代打。
アカプルキョがプレイス以外でやること自体が珍しい。
いいのだろうか、僕らなんかで。

プルキョ@稲生座 柴田さんと誰かさんの真似プルキョ

柴田奈緒さんのHP、日記にコメントありました。
http://www.naoshibata.com/index.shtmlサウンドチェック時にチューバの調子確かめる。
ピストンは全快したが吹き心地はどうか。
初めての場所のなりなんでイマイチつかめず。

対バンの柴田さんはボサノバ弾き語り。
対する僕らはぐだぐだインプロお笑い。
こんな爽やかな歌モノの後に、こんな我ら。
柴田さんのお客さんの反応やいかに?
これが意外に悪くない。
皮ぎりの熊谷君のドラムソロ。
「こういうの後10倍くらいやってるとフリージャズになります」
とか、最初はほとんど喋ってばっかり。
普通に吹いていたのは最後の20分くらいではないか?
「ここだけの話にしといてください」
を連発しまくりちよこ。
仕上げにはこの素晴らしき世界。

お店出る前にスタッフの人から
「12月はもうあまり空いていないんですが・・・」
と言われ一瞬何を言っているのか全く分からなかったが
次のブッキングのことらしい。
まさか、初出演出入り禁止覚悟で出たというのに。
複雑な嬉しさ。ははは。

外はまだ雨。
久しぶりの高円寺でゆっくり飲み。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8417361
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。