チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年10月29日

渋谷毅エッセンシャルエリントン@阿佐ヶ谷ジャズストリート

エッセンシャルエリントン:渋谷毅pf 林栄一as 峰厚介ts 松風鉱一bs,fl,as,cl 高岡大祐tuba 外山明ds 清水秀子vo

ついに本番エリントン。
さすがに予定よりかなり早く着くように出発。
阿佐ヶ谷駅前ではすでにジャズストリート始まっていてbigband。
歩いて会場へ。

産業商工会館ホール、思っていたより規模は小さくてなんだか、ほ。
勿論一番乗り、控え室でウォームアップより先に譜面の確認。
なんてったって僕はtuba、ベースライン担当、ロスト(譜面を見失うこと)だけは避けたい。
リハでは結構ロストしたのだ。
半分は歌モノ、そんなことがあったら気絶ものである。

外山明 渋谷毅 巨匠の背中 それにしても長いスルドラム 外山明2

少しずつメンバーが揃う。
セッティングしている外山さんは直接ホールへ。
早めに僕もホールに入りアップ。響き的には生でも良いくらいか。
外山さんの持参セット、ベースドラムがやけに深胴。
ブラジルで見られるスルドの改造モノらしい。
そのままで深い低音が得られてバランスが良い。

リハは本当に軽くだけ。
しかも2部の曲の3分の2だけで終了。
不安。

少し空腹だけど腹に何か入れる時間の余裕はない。
僕は何度も楽譜チェック。
元々クラシックやってたからか、ロストはかなりの恐怖なのだ。

気がつけば本番時間。
自分にしてはかなり珍しいジャケットと帽子着用で正装。
詳しい曲順は全部省こう。

僕はほぼみなの背後中央。
ホーンは柔らかく全体的に聞こえる。
渋谷さんのpは開放された蓋のおかげでばっちり、
外山さんは彼らしくかなりバンドに方向が向いたセット。
僕の位置から聞くバランスは良い。

ベースラインよりホーンのハーモニーにまわるときには
けして大きくない音量でのコントロールに腐心し、
ベースラインも書き譜や指定があるので固くなりがち。
歌モノなんかヒヤヒヤモノで、チューバが全編メロディーをとる曲は
クラシックのソロ曲やるときのようだった、音も高かったし。

僕が今までやっていたものに比べればソロはみな短めで簡潔だ。
いかに短い時間でまとめることをやっていなかったか気がついた。
たっぷり時間を取って構築することばかりやってたんだな。
ロストは何とかしなかった。
譜面にかじりついているだけは嫌なのでなるべく奏者を見るようにした。

外山さんのドラム、フリーしかやったことなかったけど、
曲モノだとある音価の高い重要なポイントをわざと避けて、
そこを聴く人に想像させるようなプレイ、
これはベースラインをキープする者には結構厳しい。
どうしてキープみたいな方に回ってしまうのは僕の固さ。

1部と2部の間は1時間、
ライブハウスの感覚でいた渋谷さんは全曲入れ替えたプログラムを。
どひえ。
なんだか1部のほうがのびのびやったような気がする。
キープにまわること多かったか、2部。

これだけのお客さんが自分の演奏を(まあ僕の、じゃないんだけどね)
じぃーっと見てるのはなかなかない。
大体この数になると僕の普段ならダンスミュージックだ。
それもなかなかの体験。

終わってみればもう汗びしょ。
いつもと全く違う汗。
皆さんと握手。
思えば皆さん、僕がお客でライブハウスめぐりしていた方たちだ。
得がたい経験だった。

片づけしている時に外山さんと
「ロストについて」話。
「しちゃってもよかったじゃないの?」
なんか人の土俵って、どこまで許されるのか分からない。
そこらへんの固さもまだ経験不足の若僧ってことかな。
早く自分の演奏スタイルを恋われて人に呼ばれるミュージシャンになりたい。
急にベースラインへの執着がなくなってきた。
tubaであることも勿論、これは前からない。

終演後は片付けて皆さん空腹ってことで会場のすぐ隣の天ぷら屋さんへ。
東京でちょっといい天ぷら屋に行くのは、関西人の僕には冒険だ。
小さなつまみをチョコチョコとってビールで乾杯。
向かいのレストランからライブの音が聞こえる、なんとなく
居心地がなくなってきてお開きになる。

駅前で皆さんと別れ、
実は腹ごしらえしていなかったので自分にご褒美回転すし。
その後に、友人の結婚パーティーの2次会、3次会へ。
めでたい現場や乱れた現場など、実にそれらしいパーティー。
posted by daysuke at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>終わってみればもう汗びしょ。
いつもと全く違う汗。
皆さんと握手。
思えば皆さん、僕がお客でライブハウスめぐりしていた方たちだ。
得がたい経験だった。

自分の体験とリンクし、
「高岡さんでもこんな事があるのだなあ。」
と深く感慨に浸りました。
先日富山で登さん、沼さんとやらせて頂いた時も、まさにそうでした。
憧れ、客席から観ていた人達と同じステージに・・・
全身汗びっしょりでした。
高岡さんが「経験不足の若僧」ならば、間違いなく自分は「まだ母の胎内にもいない・・・」でしょう。。。(笑)
Posted by 越中ノブ at 2005年11月04日 14:38
いやあ、いい経験だったよ。
汗びしょはね、先輩諸氏に緊張、よりも
エリントンの音楽に、ってのが大きかった。
いまたくさん聞きなおしてるところ、
いやあ、すごいわ。
Posted by daysuke at 2005年11月05日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。