チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年10月29日

びっくり人間大集合

高岡大祐(tuba,effector) つの犬(drums) 辰巳光英(trumpet,effect) 熊谷大輔(percussion,etc.) ボンバードラミ(vocal) 田中啓介(bass) Seonious/瀬尾亮(human noisebox,tenorsax,etc.) まさやん(soprano sax)
太華(human beatbox) シャーリー(human beatbox) DJ TA2RO(turntable) Impulse(rap,human beatbox) 麻神(rap) 桜井響(human beatbox) Tas(rap) 漢(rap)

3回目になるHIPHOPセッションOK.
今回は初の試み、オールナイトイベントだということになんでもHIPHOPイベントと言うのは大抵夜中にやっているということで、
そのほうが集客も良いとかいう噂。
場所は僕の主催イベントbarrで御馴染み渋谷のガボウル。
先ほどまでのライブからハードな飲み会に続いたため、疲労困憊セグンドした体を引きずって
新宿から渋谷へ辰巳さんと移動。
9時には居るとまだ辰巳さんと僕のみ。
僕はPC作業、辰巳さんは机に突っ伏して寝る寝る。
首謀者瀬尾さん(僕は参謀みたいなもの)からぽちぽちとメンバー参上。
今回は今までの参加者以外にもボンバーや辰巳さんなど楽器奏者も追加。
辰巳さんと僕はエレキセットで武装。
太華君が引き連れてくる更なる参加者が続々。
その中には京都で何度かあったことのあるモンドグロッソのまさやん(sax)まで。
組み合わせ考えは瀬尾さん、僕はそこに参謀ん。
僕は体力と財政の疲労を考えて酒を抜いて挑む。
参加人数が多く、多彩なミュージシャンが集まっているので多くの見どころがあり充実。
飛び入り参加humanbeatboxのシャーリーと さんはまた一味違っていて彩りに花。
ビョークの新譜に参加して話題のドカカさんはhbbというよりはボビーマクファーリン的なアプローチ、
メロディやベースラインを単品で鳴らせている感じ。
ボンバーは突然歌が物凄くうまい所のおばちゃんが遊びに来てしまったような、
HIPHOP勢の動きに驚きながらも歌いまくりーん。
辰巳さんと僕は得意のびょんびょんと。
熊谷君は相変わらずおいしいところ全部抜いていくし。つの犬さんはこれまたたまらんグルーブ。
他にも見所たくさんのセッションだった。
今回も思うのだが、技のご披露会になっていて自分のやることを決めてきた人と、
やる相手をじっくり感じて、自分を変えるタイプとははっきりとしている。
自分のできることだけやろうとする人はセッションに活力を与えない。
目立ちたがりでパフォーマンスだけに堕す人もそう。
共演しているということを自覚して人は、その場のために音を出す。
突然の飛び入りでやってきた人の中にも、たぶん変化しているんだろうなあという人はいる。
次回は12月4日同じくガボウル。
あ、今回は写真とるまでは至らず。
瀬尾さんに日記にあります。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/936904
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。