チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年11月07日

gottiセッション@新宿ピットイン/地底な宴@新宿ウルガ

後藤篤セッション:後藤篤tb 佐藤帆ss,key スガダイローp 高岡大祐blowbass 福島紀明ds
地底な宴:地底な人たちたくさん


吉田隆一入院のため後藤スガ参加のトリオのライブは出来ず、急遽後藤君の主催セッションに。
後藤、佐藤、スガ三氏は何かと共演の機会は多いが、福島君は初めて。
ずっと前に古澤良治郎さんのボーヤ時代にあったことがあるのみ。

東洋ソロ@新宿 悪名デュオ P1031397.JPG P1031398.JPG お話おじさん 鉄割知らズ 

帆君はマイクロコルグというシンセとts修理中のためssで、僕は後藤君の要望もあり
blowbass、ダイナミックマイクが壊れているのでずっと使っていなかったコンデンサーマイクを。

後藤君の選曲・アレンジで、マイケルジャクソンの『BAD』が入っているのが嬉しい。
なんてったってクインシージョーンズですよ。

始まってみればかなりな轟音、でもこの人数なら聞こえは良い。
演奏内容としてはずこし一本道な所謂「ジャズ」ぽい。
もっとあちこちいけるようなアプローチが方々から出来たらよいなあ、と思う。
でもこの同世代セッション、またやってみたい。

夜は鉄割と不破さんの立案による「地底な宴」。
実は名前を冗談で不破さんに提案したのは僕。
口が軽い。

軽く後藤君と食事してから巻き添えの道ずれ。
渡部君の口上からスタート。
鉄割演目と渋さメンバーの演奏が大体交互に行われる構成。
僕は3番目くらいにソロ。
それまでが笑い取る方向に行っていて、その後でやり辛い。
気息音から最近凝っている声を出すついでに音を出す方向に移行。
何故か笑われる・・・。

後藤君と佐藤君の悪名デュオ。
佐藤君、あまりにサックス吹かないので後藤君
「サックス、ふ・け!」と怒鳴るのが秀逸。

後も演目は盛りだくさんで、僕は何故か彩ちゃん真理ちゃんとボイスで。
東洋が乱入してきて何故か僕を叩くので痛い。

真理ちゃんのジャンベソロがすごく良かった。
インチキジャンベが世の中に多い中、全ジャンベ奏者は
関根真理を聞くべきだと思う。

川口隊長ひたすら紙袋の中から食べ物出して
お話するソロはすごい。訳分からんが最後に袋からハーモニカ
取り出してやるあたりはさすが。

最後の鉄割の本多工務店のテーマ、
物凄い変な迫力があって良かった。
キーもサイズも違うのも。

インプロ学芸会でした。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。