チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年10月31日

ハロウィ〜ン!

不破大輔(ダンドリスト)つの犬(ds)倉持整(ds)岡村太(ds)ヒゴヒロシ(b)小野章(b)関根真理(per)松(per)大塚寛之(g)
中島さちこ(key)花島直樹(bcl)赤坂清(acc)川口義之(as)小森慶子(as)立花秀輝(as)広沢哲(ts)佐藤帆(ts)鬼頭哲(bs)
鈴木新(ss,ewi)吉田祥一郎(ts)高木克明(ts,ewi)古池寿浩(tb)タムタム(tb)高岡大祐(tu)室館彩(fl)ペロ(dance)
東洋組(舞踏)南波ともこ(vo)きんたまい(tp)辰巳光英(tp)
メンバー表、貰ってしまいました、すみません、辰巳さん。

この日はハロウィン渋さ
たまプラーザとか青葉台とかいう土地でのライブだったのだが、
当初は野外の会場だったのだけど、この日の午前までの雨で会場は移動し、
小学校の体育館という中々似つかわしくない場所for渋さ。
体育館にてスタート  立花ブロウ  ムーチョ熱演  激しい突っ込み
当初の場所だった会場では前日から渋さ建築部隊が夜っぴきで立てた舞台があるらしく、
残念、ご苦労様です…としか言えない。
しかしハロウィンってなかなか定着しない感じがする@日本。
宗教の問題とかもあるが、僕は「食べ物」の問題も感じる。
ハロウィン特有の食べ物って僕は知らない。南瓜も飾りだし。
クリスマスなんて異教徒のお祭りも「ローストチキン」とか何とかあるから定着したのでは?
まあいいですね。
で、会場に行くと文化祭チックな内装でハロウィンパーティー。体育館だもんな、そりゃ。
サウンドチェック、なかなか梃子摺る。音がぼわんぼわんに響いてしまう。
加えて3ドラム2ベースの大編成。そんなに気にしないことにする。
蓋を開ければどえりゃあお客さんで、練り歩きまくり、吹きまくり。
体育館らしくあっついのなんのって。汗だく。
ムーチョのお二人最高、彩ちゃんのダンスすっごい。
舞踏家たちの踊り冴える、小学校で裸を見るとなんだかいけないもののような妖しさ。
片山さんおらズでPちゃんのアレの部分は僕が。低音、聞こえにく〜い。
がっちゃんがっちゃんと終了。
終わってからは建築部隊は未使用の野外舞台(晴れたのにね)のばらし、
残り者はアルフィーのメリーアンを通したという巨大なミキサー含むPAをうんしょうんしょと
搬出。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/964381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。