チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年11月01日

凝縮する音量と拡張する笑い

単音系:ボンバードラミ(vo)辰巳光英(tp)高岡(tuba)
りぶるにて単音系。
ちょっと遅刻でリハなどできず無念ごめん。
軽く打ち合わせ、曲順をいつもボンバーが決めてくれるのはとてもありがたい。
やりなれてきた曲は展開の自由さが面白さを増してゆく。
やりなれない曲はその不自由さが何かを突破しようという動機に繋がっていく。
さらにこの日はいつもよりボンバーが声量を絞りに絞って歌ったため、
ホーンの二人は全体の演奏を崩さないように尽力。
これがまたしんどいんだ。音はとても小さいのに二人してゼーハー。
終わってみれば汗びっしょり。
ほんとに難しいことしてると思う。でもやりがいのあること。
でもこれ以上ちっちゃくなったらどうしよう?倒れてしまうかも?
終わった後は親しい友人たちに囲まれて爆笑宴会。
帰りの車内はこんな感じ。
単音系二人  寝起きボンバー
次は近日で8日阿佐ヶ谷ヴィオロン。
あの美しい音響の中でまたやれるのがとても楽しみ。
詳しくはこちら


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。