チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年11月18日

辰巳光英沼直也高岡大祐セッション@入谷なってるハウス

辰巳光英elc-tp 高岡大祐blowbass 沼直也ds

最近月一ペースでやっている沼さんとのセッション、
今回はおなじみラッパ兄さん辰巳さんをお招き。
僕は久しぶりにエフェクター使用の準備。

辰巳HP http://home.att.ne.jp/moon/alcyone/index.html
沼HP http://www.jah.ne.jp/~networld/naoyanuma/


エレラッパ辰巳 V6010029.JPG V6010031.JPG 

チェックの段階からどうも僕のセットの調子が良くない。
何とか形になるようにして本番に臨む。

リハが押したので開演も押し。
演奏はじまって少ししてからどうも調子が悪くなる僕。
生音ではこの音圧では勝負できない・・・。
演奏を続けながらいろいろいじったり配線を変えたりして
結局BOSSのコンパクトエフェクターを2機、外したら元通りに。

辰巳さんはさすがのギンギンエレクトロ。
僕は久しぶりにリズムアプローチ以外にトライした1部。

2部はなんだか早々に辰巳さんが別の展開へ移行。
ほとんどラッパ吹かずに僕の音拾ったりアンプばかりいじったり。
ミニマルなアプローチを好む僕と沼さんのやり方に飽きたかな?
僕はリズミックなアプローチに戻る。
どうも今使っている繊細な音のマイクは気分じゃないんだなあ・・・。
でも最後まで。

GYROで始まった「即興でダンスミュージックを演奏する」という一連の流れは
僕のblowbass=amplified tubaという手法を編み出す元になり、
New Orleans Electroや度々渋さ知らズにまでも広がっている。
ここまで引き出して貰ったのはやはり沼さんという卓越したドラマーのおかげ。
これからもこれを発展させていこうと思う。



相変わらず物凄ーく、疲れる。
お客さんに「命削ってますね」って言われるもんなあ。
削ろうじゃんか、命くらい。
だから是非是非千客万来。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。